COVID-19に関するレジストリ研究

COVID-19 REGISTRY JAPAN

このサイトは、日本全国の医療機関に入院されたCOVID-19患者さんの情報を収集し、
病気の特徴や経過などの様々な点について明らかにすることを目的とするCOVID-19レジストリの研究について情報公開をしています。

一般の皆さまへ

<レジストリ進捗状況> 2021年1月12日時点

研究参加施設:872施設 
レジストリ登録症例数:24,017症例

お知らせ

  • 2020年12月3日
    東京iCDC、厚生労働科学審議会の資料にレジストリデータが活用されました。スライドは研究実績よりご覧ください。
  • 2020年11月30日
    「研究計画書・その他資料」の紙CRF運用手順書、REDCap入力手順書を更新しました。情報は研究参加施設にのみ公開しています。ログインの上、こちらからご覧ください。
  • 2020年10月5日
    9月30日開催のメディア勉強会の資料「COVID-19レジストリ研究解析結果、重症化を予測する液性因子について」が、国立国際医療研究センターのウェブサイトに公開されました。
  • 2020年9月11日
    COVIREGI-JPのロゴができました。
  • 2020年8月28日
    「研究計画書」、「情報公開文書」と「審査結果通知書」の最新版を掲載しました。各文書は研究参加施設にのみ公開しています。ログインの上、こちらからご覧ください。
  • 2020年8月28日
    「データ利用」のページを公開いたしました。情報は研究参加施設にのみ公開しています。ログインの上、こちらからご覧ください。

REDCap

アカウント発行がまだの方は、
まず研究参加方法についてご確認ください

一般の皆さまへ

一般の方向けの
研究内容や成果の説明はこちら