ダッシュボードに掲載している症例の情報は、「COVID-19に関するレジストリ研究」(新興・再興感染症データバンク事業ナショナル・リポジトリ(REBIND)内で実施)に登録された結果をもとに作成しています。本研究は入院患者を対象にしており、本研究への参加および登録は任意で行われています。地域によっても登録状況が異なり、国内の状況をそのまま反映しているものではありません。以下の注意点と併せて、解釈には十分ご注意ください。

・データ更新のタイミング

データは、前月までに入力された情報を用いて、毎月下旬に最新情報としてアップロードしております。データの更新時は数時間のタイムラグが生じる可能性がありますので、閲覧時はダッシュボード右下の使用データに関する情報もご確認ください。

・重症度定義:

軽症 :中等症・重症以外
中等症:入院中に酸素が必要であった症例
重症 :入院中に挿管・ECMO(体外式膜型人工肺)が必要であった症例

・登録症例

本研究に参加され任意での登録が終了した報告数であり、実際の都道府県別の入院数を示しているわけではありません。各病院の全症例が入力されているわけではありません。また、患者さんの退院後に登録されるため、登録までには一定の時間を要することが予想されます。入院が長期化した症例(例えば重症例)は、反映されていない可能性があります。また、データクリーニング途中のデータも含まれております。

・層別化情報

都道府県および月単位の情報を、ユーザーが選択して表示が可能です。その他の項目の層別は表示しておりません。

・その他

欠損値など対象症例の問い合わせ対応中項目は、不明として含めています。

*本データは、REBIND事業(https://rebind.ncgm.go.jp/)下、COVID-19に関するレジストリ研究のデータを早期公開しております。データの使用・転載をご希望される際は、COVIREGI事務局(registry.covid’AT’hosp.ncgm.go.jp)へご連絡ください。
※’AT’は@に変換してください。

謝辞:本研究にご協力頂いた患者さま並びにCOVID-19の患者の診療に当たられ、また、本レジストリにご協力を頂いた参加施設の皆様に心よりお礼を申し上げます。